読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サシモニ

サシ飲みがあるなら、サシモーニング(略称サシモニ)があっても良いじゃない

自分の道の切り拓き方

今回のお相手はイベントを主催したり、広告代理店で活躍したり、大手企業と色んなものを作ってきたという異色な経歴のShibaさんとのサシモニ。僕はShibaさんのイベントに関わったこともあるし、自分のイベントに出演していただいたり、かつ地元も一緒なのですが、サシでゆっくり会うのは初めて!とっても面白い話が聞けて、「人に歴史あり」とは良く言ったものだと実感できます。面白い人ってどんな人だろう??って思う方、皆さんにご一読をオススメします!

 

 f:id:sashimoni:20140210081359j:plain

 

初めての仕事

Shibaさんは江ノ島の展望台で行われているFreedom Sunsetという10年続いている音楽イベントのオーガナイザーとしても有名です。でも、実は仕事面でも、とっても面白いことをしてきた方。初めての仕事は何だったのでしょうか。「日本テレビの文化事業部のイベント制作会社が初めて就職した会社。1,000人のお坊さんを武道館に集めるイベントの手伝いから始まったんだよね。」1,000人のお坊さんを武道館にって意味が分かりませんよね。「イエローってクラブで先ずはプロモーションイベントとして般若心経のLIVEをやったんだよ。そしたら泣く子もいた。イベントは全く初めてだったんだけど、凄く良いなと思えたよね。」今では数々の音楽イベントを手がけるShibaさんの、一番最初のLIVEが般若心経とは意外過ぎました。。。

 

新しいことをやる

色んなキャリアを転々とするShibaさん。ドンドン新たなものが続きます。「シダックスグループに引きぬかれて、日本初のインターネット放送局の番組プロデューサーをやったんだよ。」ちなみに15年も前の話です。今でいうUSTの配信番組をそんな前からやっていたんですね。「色んな日本初の仕事をやっていたよ。例えばPHSを2台繋げてリアルタイム中継の配信もやったかな。」ここで気になるのが回線状況です。15年前だったら、光ファイバーとかも整備されてないですよね。「そうそう。当時は通信環境がリッチじゃなかったからGIFアニメみたいになっちゃうんだよね。」時代の3歩先くらいを行き過ぎていますよね。世の中の環境に適合しているかどうか。半歩先くらいが良いんでしょうね。

 

映像から音楽へ

次のキャリアの面白い点が映像配信から音楽配信に移ったこと。メディアラグという会社に転職したShibaさんは、新しい形の音楽配信システムを手がけたそうです。「自動販売機のような機械の中にMDを入れると、衛星を通じて自動的に配信される仕組みを作ったんだよ。ダウンロードではないから、著作権料も高くならないのが利点だったね。」MDって懐かしいですよね。それにしても衛星を通じて配信することで、高額の著作権料がかからないようにするなんて、面白い仕組みを作るものです。そしてこの配信システムの仕組みが次に生きていきます。

 f:id:sashimoni:20140210083144j:plain

トヨタとの取り組み

トヨタ関連の仕事を手掛けていくShibaさん。その中の一つが楽曲配信システム。トヨタの純正ナビに予め1,000曲を入れておく。実際に聞くためには、ナビを通じて購入する仕組みを作ったそうです。これまた、1曲あたりの著作権料を下げるために超流通モデルとして、一度衛星を通じて配信される形を取ったんだそうです。一度培ったノウハウって転用出来るんですよね。そして、他にも手掛けたプロモーションが面白い。「ドライブルートの映像をPodcastで配信してipodで簡単に見られるようにしたんだよ。映像の中のスポットを選択したら、そのままナビに反映されて簡単に行けるようにしてね。」なるほどって感じですね。しかも面白いのが「グラビアアイドル乗せて毎月1回2年配信したよ。デートしている感じを出すために、自分が相手だったんだけど、敬語じゃなくてタメ口で話しているようにしてもらったりしてね。」ちなみにデートコースに温泉を入れると、入浴シーンの効果もあり配信数も伸びたそうです。入浴シーンはメチャメチャニーズありますよね(笑)

 

大きな転機

トヨタと引き続き仕事をする中でトヨタメタポリスという、数年前に話題になったセカンドライフのような仮想空間を作ったそうです。仮想空間の中で車の発表会をやったり、ドライブチャットを作ったり。ただし、ここで大きな転機が。「予算が通った直後に過労が原因で3週間の入院したんだよね。自分が言い出しっぺで1人で切り盛りしていたから、自分じゃなきゃ出来ない仕事だと思っていたんだけど、会社に戻ったら新たに3人メンバーがいたんだよ。それでプロジェクトから下りたんだ。」1人で奮闘して寝る間も惜しまず働いて、身体を壊したら3人もの人が配属されている。会社の中での自分の立ち位置に葛藤されたのだと思います。会社も辞めて1年間仕事もせずに燃え尽きたそうです。

 

お客さん目線で

奥さんからの厳しい目もあり(笑)なんと地元で佐川急便のバイトをすることになったShibaさん。「鎌倉の山の上に荷物を届けたときに、おばあちゃんがポカリスエットをくれたんだよ。「運んでくれてありがとうって」これが商売の基本だと思ったね。」「お客さんから直接的に得られるものが商いの基本だよね。」トヨタを相手にするような大きな仕事をしていると、お客さんが分からなくなってくるそうです。「過去の自分を振り返ったときに、お客さんのためにではなく、企業のための仕事になっていたんじゃないかな。」と気付きがあったそう。お客さんをきちんと見て、その人のことを考えるって基本のことですけど、お客さんが見えない立場にいると、見失うことってあるんですね。昭和の名経営者と呼ばれる人は、常に現場を大事にしたそうですが、そういうことですよね。

 

新たなキャリア

 次にZENRINの関連会社に転職したShibaさん。ZENRINは地図の最大手会社です。先ず手がけたのは原宿の地図アプリ。人気モデルの女の子が好きなお店を登録してあるアプリで、原宿に初めて来た女の子とかに好評だったそうです。次に、どの地域の地図を作っていこうか考えたときに、たまたま秋葉原の地図を持っている人との出会いが。「秋葉原はモエだよね。原宿はカワイイ。これを融合させてモエカワというジャンルはありだと思ってさ。」モエカワって聞いたことありますが、まさかShibaさんが絡んでいたとは知りませんでした。「秋葉原の2次元と原宿のカワイイの3次元の間の2.5次元を作る。クールジャパンの2トップを掛け合わせてね。」面白いですね。地図だけに収まらず、昨年はフランスにモエカワカフェを作って多くのメディアに取り上げられたり、今ではジョル原宿という施設の中にモエカワカフェがあるそうです。「おもてなしの心は日本が世界に勝てるもの。メイド喫茶は究極のおもてなしだよ。」ホント人生何があるか分かりませんね。配信事業をやっていた人がモエカワに行き着くんですよ。面白すぎます。

 

学生時代は

どうやったら、こんな経歴になるのでしょうか。学生時代の話を聞いてみました。「就職活動をきちんとやっていなかったから、履歴書のプロフィール欄に冒険家と書いたんだよね。名前が雄一郎なのは三浦雄一郎からきたの。だから冒険家良いなと思ってさ。」僕が冒険家の人に人生で初めて会った瞬間だったかもしれません。Shibaさんは冒険家を名乗るからには、「マラソンくらいはやらなきゃいけない!」と思い立ち、ほとんど練習もせずに初マラソンをなぜかバリの大会で迎えたそうです。「完走したんだけど、実は細菌感染して大変だったんだよ。バリ島だからおまじないで治すことになってさ。死ぬかと思ったね。だっておまじないだぜ。」ウケますww確かにおまじないだけでは不安ですよね。最近感染して首が腫れまくったそうで、結局病院に行って抗生物質もらって治ったと思ったら、治ったのと反対側の首に腫れものが出たそうです。「抗生物質も効かなくてヤバイと思ってさ。もうこれは、おまじないで治すしかないと思ってさ。生姜を身体に塗ったり、飲んだしながら、あとはおまじないだよ。そしたら治ったけどね。」おまじないゴイスーです!ちなみにバリに行った理由は、元々大学時代にバリ島の舞踏の研究をしていて、訪問経験があり、たまたま雑誌のTARZANを読んだらバリのフルマラソンの大会の案内があったからとのこと。TARZANに載ってるからって、普通初めてのフルマラソンで海外に行きますかね。行動力が半端ないです!

 f:id:sashimoni:20140121075658j:plain

Freedom Sunsetについて

Shibaさんといえば、ご自身が主催の江ノ島で行われるFreedom Sunsetという音楽イベントのオーガナイザーのイメージが強いです。そもそもどうして始めたのでしょうか。「江ノ島の展望台のリニューアルがあって、リブランディングしたいという話が江ノ島電鉄からきたんだよね。」「イベントのオーガナイズを元々やっていたから頼まれたんだけど、当初は集客がかなり大変だったね。」今では安定して数百人の集客があるフリサンも当初は大変だったんですね。「当時はMIXIが流行っていたから、1イベントにつき1万人くらい足跡をつけていたんだよ。出演するアーティストのコミュニティ等に。足跡50%くらい返ってきたの。そこからフリサンのコミュニティに流れるのが10%かな。」おぉ泥臭い戦略ですね。そして確実に効果がある戦略。やはり地道なことって必要ですよね。

 

イベントを開催するためのポリシー

「今のWEB上での予約も、MIXIのコミュニティのときも、事前承諾事項に必ず同意してもらっているよ。ビンを持ってこないことや、マナーを守れない等、僕の意に反する人は来なくて良いんだ。」一番多いときは1,500人もの人が来たそうです。「有料制にして、予約制にして、縛りをつけていったら、有り難いことにドンドン良いお客さんが来るようになったね。パーティーの基本概念として、アーティストを見にくるだけではなく、自分が呼んでいるのだからルールは大事だよ。」確かにフリサンはゴミが落ちていることもなく、家族連れでも気持ち良く楽しめるイベントです。その空気感を作るために、色々と考えて仕組みを作っているんですね。勉強になります。

 

逗子にも関わる

逗子メディアアートフェスティバルというイベントのエグゼクティブプロデューサーをやられているShibaさん。逗子メディアアートフェスティバルは小学校にプロジェクション・マッピングを当てたり、様々なアートを展開したり、かなり面白い取り組みです。どのような経緯で重責を担うようになったんでしょうか。「元々は江ノ島電鉄から武田双雲さんの書を書く演出をやってくれないかと話があったんだよね。それで書とプロジェクション・マッピングを使った演出をしたんだ。」書とプロジェクション・マッピング面白そうですね。「そして、友人が逗子メディアアートフェスティバルをやっていたので、そこに招待作品として提出したんだよ。そしたら、いつの間にか仕切り側をやっていて。気がついたら去年はエグゼクティブプロデューサーになってたね。」面白いですね。自分自身の卓越した経験や能力があるからこそ、他でも活躍できる舞台がある。個人的に目指したいところです。

 f:id:sashimoni:20140210081424j:plain

 今後について

先月末に退社して現在はフリーの立場のShibaさん。今後の展開について聞いてみました。「将来のビジョンは全然ないんだよね。常にビジョンはない。あまり期待もしていないんだよ、自分が作る未来像に対して。」「これがやりたいとかないよ。なぜかというと結構満足しているから。今までやりたいことをやってきたからね。47歳。目の前に面白いものがあるかどうかが大事。」最近、自分で人生をコントロールしている人に話を聞くとビジョンはないって答え結構多いんですよね。面白いですよね。「極端ということは究極フラットなんだよ。120にも0にもなれる。」「好奇心がなくなったら終わりだと思っている。あと行動力も。色んなことやっているようで、一貫しているのは新しい価値を作っていること。  これからもそうなんじゃないかな。」僕も新たな価値を作っていきたいと思う1人として、Shibaさんのような生き方はとても参考になりました。良い刺激を受けることが出来ました!

 

Shibaさん情報

バレンタインディスコ

今週末の土曜日。江ノ島の展望台に1,000人規模で集まるバレンタインディスコ。今回は装飾周りを担当されているそうで、パフュームのLIVE等でも活躍するミラーボールアーティストと組んで、ステージ上をミラーボールとレーザーで幻想的な空間を作り出すそうです。お時間ある方はぜひ!!

 FBイベントページURL Valentine DISCO 2014 =ENOSHIMA 2.5次元= | Facebook

 

Freedom Sunset

11年目を迎えるFreedom Sunset。次回も心地よいイベントになるんでしょうね。今から今年の夏が楽しみです!ぜひフリサンでお会いしましょう!!

Freedom Sunset URL FreedomSunset production | 音楽、アート、映像、環境をコラボレイトするクリエイティブ・プロダクション

 

逗子メディアアートフェスティバル

毎年逗子市を上げて行われているイベントです。今年も9月頃に開催されるでしょうから、ぜひ情報をチェックしておくと良いかと思います!

http://zushi-maf.info/

 

 今日のサシモニ会場

店名:cafe RONDINO

住所:神奈川県鎌倉市御成町1-10

URL:http://tabelog.com/kanagawa/A1404/A140402/14000260/

 感想:地元の好きなカフェ。朝は好きなトーストと一緒にゆっくり出来ます。市役所向いのスタバも良いけど、ここもかなりオススメです!

f:id:sashimoni:20140213212639j:plain

サシモニお相手募集

サシモニのお相手を募集しています!!都内及び神奈川県内であれば、大体どこでも出向いています!!
「記事にされるのはちょっと。。。」という方も、ご安心ください。もちろん、ご本人の承諾があった場合のみ記事にしておりますので、普通にサシで朝食をご一緒するだけで問題なしです。

ちなみに、僕が話を聞いてばかりのような印象をお持ちかもしれませんが、喋る方も大好きなので、出来る限り持っているものは全てお伝えする所存であります。

「サシモニして朝を充実させよう」と思われる方はhishiki0519アットgmail.comもしくはFBの個人

 

ページhttps://www.facebook.com/yutaka.hishikiまでお気軽にご連絡ください!!