読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サシモニ

サシ飲みがあるなら、サシモーニング(略称サシモニ)があっても良いじゃない

人が中心にある仕事

今回のサシモニのお相手は僕も含めて3人社長のomoroという会社をやっている仲間のマイマイ。この人ホント素敵で面白い人なんです。omoroの3人の中で一番面白いのは間違いなくこの人。現在本業では同時通訳者を仕事としている彼女ですが、過去の経歴も魅力たっぷりです。イギリスに留学していた時の話や、過去の仕事の話等面白い話が盛り沢山。彼女の魅力の断片を知ることができました。ぜひomoroの社長の話をご一読ください!

f:id:sashimoni:20140401071107j:plain

同時通訳者の仕事

彼女は現在同時通訳者の仕事をしています。同時通訳って人の話を聞きながら、瞬間的に訳して伝えるわけだから、かなりハードルが高そうな仕事です。そもそもなぜ同時通訳の仕事をするようになったのでしょうか。「帰国子女だったから、日本に帰ってきた大学生のときに、たまたま通訳のバイトの話があったんだよね。体力系のゴルフやテレビ番組の仕事をやったよ。」なるほど。最初はバイトから入ったわけですね。大学時代には他にどんな通訳の仕事があったのでしょうか。「大学時代に休学してピースボートの通訳をやったんだ。お客さんが日本人でスタッフが外国人だから通訳が必要になるの。他にも世界中の寄港地で色んなゲストが乗ってくるので、ゲストが講座をやるときに同時通訳していた。そこで同時通訳者としての経験が積めたんだよね。」ピースボートで通訳の仕事する人なんているんですね。船に乗ってひたすら通訳する日々。良い修行になりそうですね。てか、どうしてピースボートだったのでしょうか。「高校時代に好きだった人が客船を作りたいって話をしていたの。だから、ハネムーンは世界一周が良いなと思っていて。下北沢の居酒屋でピースボートのポスターを見て、「待ってられない!!」と思って翌日に申し込んでいたの。」こういうのがマイマイっぽいです。ハネムーンが待っていられないから、大学休学してピースボート乗るって全く意味不明ですもん(笑)

 f:id:sashimoni:20140401073620j:plain

同時通訳の醍醐味

同時通訳者になった経緯は分かったのですが、同時通訳者の仕事で大事なことって何なのでしょうか。「同時通訳は進み続けないといけないの。細かいところに拘り過ぎると難しい。良い意味で大雑把でクヨクヨしないことが大事かな。そういうところが性格的に合っているなと思ったんだよね。」確かに話し手は通訳がいるからこそ、安心して自分の話を続けていくので、同時通訳者が思考を止めている暇なんてないですね。でも、結構大変そうな気がするのですが、事前準備とかって結構やったりするのでしょうか。「相手が何を考えているか。その人が書いた本を読んだり、相手の意思を汲んだりするよ。モノを知っていないと辛い仕事なの。バックグラウンドにある英語と日本語の語彙だったり、ある程度の知識がないと成り立たないよ。色んなところで色んな違う経験を積むことが必要かな。」そうなのかぁ。確かにいちいち自分の中で疑問を覚えていたら正確に伝えられませんもんね。なんかマイマイ凄いぞ!f:id:sashimoni:20140401071146j:plain

英語を使わない仕事

新卒で始めた仕事も同時通訳者だったのでしょうか。「最初に入った会社はリンクアンドモチベーション。英語は親が転勤になって境遇で身についたものだから、それ以外のものを身につけてみたかったんだ。」「ロジックの部分と感性の両面を持てる人になりたいと思っていたの。ピースボート時代にもっと良い世の中に出来ると気づいたから、変化を起こしたいという気持ちもあったよ。」ほぉ。通訳の仕事とは全然違う方向性にいったのですね。面白いものです。実際働いてみてどうだったのでしょうか。「メチャメチャ良かったよ。M&Aされた会社の風土を作ったり、会社の人事に関わって、人の人生が変わる手助けをするのは楽しかった。そのときの繋がりが今も生きているしね。」なんか良い感じですね。でも途中で退職したのはなぜなのでしょうか。「組織の中で自分の個性を押し殺して働くのが向いていないって。英語を一切使わなかったけど、英語を使うことが出来ないことにも苦しみを覚えたの。」「当時は苦手なことを克服することがメインだったけど、世の中に貢献して変化を起こしたかったら、自分が得意な部分でやった方が良いと実感できたよ。」そっか。自分の特性に気付けただけでも、最初に選んだ会社としては正解だったのかもしれませんね。それにしても普段のにこやかにしているマイマイからは、あまり感じられない心情的な話が素敵です。

 f:id:sashimoni:20140401073635j:plain

キャリアの移り変わり

さて、リンクアンドモチベーションを退職して、その後はどうしたのでしょうか。「

しばらくフリーランスで通訳していたんだけれど、みんなでやる仕事の喜びを知ったから、また誰かと働きたくて。NHK WORLDの立ち上がりに関わったの。いきなりディレクター職で始めたんだよ。」テレビのディレクターっていきなり出来るものなんですね。驚きです。「10分間のニュース番組のうち、3分間の経済特集を担当していたの。生き様フェチだから、色んな人に会えたり、色んなストーリーを知る機会が持てたのが楽しかったんだ。」今でも生き様フェチって言ってますもんね。過去の仕事からも繋がっているんだなぁ。他にはどんな仕事をしていたんでしたっけ。「INGの日本法人の立ち上げにも関わったよ。オランダの会社でオフィスの雰囲気が良かったのと、多国籍な感じが良かったの。戦略企画室に在籍していたんだけど、日本で新たに銀行を始めるから、金融庁から免許をもらわないといけない。1回免許を取るのに失敗して、免許の取り直しから関わったの。」なんかこの人本当に色んなことをやっています。しかもレアな仕事ばかりで面白い。その後はどうなったのでしょうか。「免許を無事に取れて1週間後に開設するときに、リーマンショックがあってオランダ政府からストップが入っちゃったの。それで解散することになって、みんな涙涙になったんだ。」それはキツかったでしょうね。せっかく免許まで取れたのに。ホント色んなドラマがあるものです。

 f:id:sashimoni:20140401073615j:plain

見つけた天職

バイリンガルベビーシッターをやったんだ。10人くらいの子供を育てて、かつ同時通訳も出来るから天職だと思ったの。だけど、抱っこしすぎて腰を壊して引退を余儀なくされたんだ。」面白いです。このストーリー。せっかく天職を見つけたのに、腰を壊して引退だなんて。。。「子供と触れ合うのはノンストレスで心から楽しめるし、彼等がハッピーになる触媒になれる。誰に対しても自分は同じでいたいと思うし、子供に対しても同じように考えているよ。」素敵ですね。マイマイの子供好き感が良く伝わってきます。ベビーシッターの後は何をやったのでしょうか。「ドミノ・ピザに転職したの。ファンドが会社を買って、社長が外国人になったんだ。社長の秘書であり、通訳であり、アシスタントをやっていたの。」なんか、また大きくステージが変わりましたね。ベビーシッターが、社長秘書且つ通訳ですか。「社長が日本にいる間の全ての通訳をするから、全ての会議に同席するし、社長が日本にいないときは日本で何が起こっているか、目となり耳となりとなっていたよ。」それは大事な仕事ですね。凄いなマイマイ。「社長が現場主義だったから必ず全店舗に視察に行って、お店が大変そうだったらピザも作ってた。現場の人達は本当に頑張っていたよ。」社長がピザを作るってやりますね。社長の通訳で大事なことってあるのでしょうか。「社長の言葉は自分が全て通訳する。自分がどのように通訳するかで、現場の5,000人の人達のモチベーションも変わる。大事な仕事だと感じていたよ。」自分の言葉一つで現場の社員の受取り方等が全て決まるんですもんね。通訳の仕事ってホント責任重大です。

f:id:sashimoni:20140401073612j:plain

イギリス寄宿舎時代

様々なキャリアを積んできたマイマイですが、学生時代はどんな子だったのでしょうか。「高校生のときに女子校の寄宿舎に入ったの。ご飯が美味しくなくてひもじい思いをしていたよ。メチャメチャ厳しい学校だったの。夜はセキュリティがあって1階にも降りれなくて。お腹が空いた時にピザの配達を注文した時は、洗濯カゴに靴下とかを繋いで2階からカゴを吊り下げて、カゴにピザを入れてもらったりしたよ。」なんか映画の世界の話ですね。流石イギリスって感じがしますわ。「一年に一度だけ、好きないたずらをしても良い日があったんだ。校長先生の電話番号を使って「ピザ屋オープンしました!!」ってチラシを撒いたり、学校中の扉を全て外して積み上げたり、トイレにサランナップしたり、先生の車をトイレットペーパーでグルグル巻きにしたり、下級生のクラスを風船まみれにしたりして楽しかったよ。」すげぇなイギリス。なんかスケールがでかくてビビリます。先生寛容すぎ!!日本じゃ聞いたことないなぁ。 

日本の大学へ

そんなマイマイなのですが、どうして日本に戻ってきたのでしょうか。「獣医になろうと思っていたの。だから、高校卒業後はイギリスの大学で獣医に入ることになっていたんだ。イギリスで獣医の免許を取ると、EUだと仕事を出来るけど日本では仕事が出来ない。長くEUにいることになると思って、短期間の滞在目的で一度日本に帰ってきたんだ。」ふむふむ。まぁここまでは分かる話ですが、日本の大学に入る流れが分からんですな。「日本に帰ってきたら、友達みんなが大学に入っていたから半年だけ大学に入ることにしたの。その時に、ラクロスとテニスのサークルに入ったら、女子代表を打診されて引き受けちゃったんだよね。それで日本で大学生を続けることにしたの。」いやぁ昔からぶっ飛んでますね。普通サークルの代表を任されたからって、イギリスの大学に進学すること辞めますかね(笑)大学では何をやっていたのでしょうか。「農学部の中で生命工学の勉強をしていたの。狂牛病の問題を治すことに興味があって、生命工学を勉強していたよ。ips細胞とか砂漠を緑化するのに菌を増やすこととかね。」生命工学の勉強ですか。なんか今のマイマイから想像つかない。「生物学が好きなんだ。多様性があることが生き物としての強さだし、世界を回ってみても、色んなモノがモザイクみたいに組み合わさっているのが美しさだと思った。そういう世界があれば良いなと思う。人の多様性もそうだと思うし、それぞれの生き方が輝いていると思う。」うんうん。とーーっても良いですね。多様性のある世界が僕も好きです。

f:id:sashimoni:20140401071106j:plain

 人のことを伝える

なんかハチャメチャに動いてきたようなマイマイですが、今後の関心はどのようなところにあるのでしょうか。「インタビューの仕事を通じて、もっと謙虚でありたいし、他の人の素晴らしさを分かるようになりたいと思っていたの。人って最大のメディア。人の生き様がある。それを伝えていきたい。」「通訳の仕事でも100が80で伝われば良いと思われがちだけど、100は100で通訳したいし、110や120になればさらに良い。自分が介することで、物事が上手くいくようになれば嬉しいの。」そうか。通訳次第で100が110にも120にもなる。素敵な仕事ですね。でも、具体的にはどうすれば良いのでしょうか。「プラスアルファの文脈も伝わると場が良くなるし、表情も良くなるよ。相手を理解できた場が生まれるの。でも、同時通訳者の中にも正確に出来ていないことが理解できていないケースもあるから、少しずつ変わっていけば良いなと思う。同じ世代で両方の言語でネイティブとして育ってきた人達と、同時通訳者も変わらないといけないよねと話しているんだ。」なるほど。同時通訳者の仕事って今まで全く知らなかった世界なのですが、本当に通訳者1人の影響で場が大きく変わるものなんですね。ぜひぜひ今後も良い場を作り続けてもらいたいものです!!

 f:id:sashimoni:20140401073636j:plain

僕はこう思った

現在一緒に会社をやっているマイマイ。彼女の近くにいて特徴的だと思うのが、彼女に関わる多くの人が、彼女のことが大好きになる。とっても愛され女子なのです。「なぜ、この人はみんなに好かれるのだろうか。」そう考えて今回のサシモニを振り返ると、彼女が多種多様な仕事をしたり、色んな経験を積んでいる中で、彼女の中心にあるのは「人」なのだと気付かされます。通訳の仕事やNHKのディレクターの仕事も、「誰かのため」がある。自分が好きな人や興味を持っている人のための仕事なんですよね。それだけ人を好きに、大事にする彼女だから、多くの人に好かれる存在なのかもしれません。omoroという会社は僕と大山選手とマイマイの3人が社長なんですが、彼女を含めてみんな種類は違えど、誰かのためという気持ちや、やさしさを持ち合わせている気がしています。だから、「人軸の会社をやって色んなことを実現しよう!」という掛け声に賛同して集まったのかもしれません。だからこそomoroとして、色んな人達と多くの価値を生み出せたら良いなと思うんです。頑張りますよ。大山選手、マイマイ共々。というわけで、今後もomoroをよろしくお願いします!!(最後宣伝にしちゃった 笑)

f:id:sashimoni:20140401071144j:plain

せっかくなので大山選手

大山選手とのサシモニはこちらです。

現状に飽きたらず。常に前へ。 - サシモニ

ついでのついでに僕

自分1人でやったオレモニはこちらです。

【オレモニ!】omoro創業のはなし - サシモニ

 

今日のサシモニ会場

店名:Lauderdale 

住所:東京都港区六本木6-15-1六本木ヒルズ けやき坂テラス 1F

URL:Lauderdale | ローダーデール

感想:ちょうどこの時期は目の前の桜並木が開花していて、とっても良かったです。お店の居心地も良いので、オススメです!

f:id:sashimoni:20140401074017j:plain

 

サシモニお相手募集

サシモニのお相手を募集しています!!都内及び神奈川県内であれば、大体どこでも出向いています!!
「記事にされるのはちょっと。。。」という方も、ご安心ください。もちろん、ご本人の承諾があった場合のみ記事にしておりますので、普通にサシで朝食をご一緒するだけで問題なしです。

ちなみに、僕が話を聞いてばかりのような印象をお持ちかもしれませんが、喋る方も大好きなので、出来る限り持っているものは、全てお伝えする所存であります。

「菱木とサシモニしてしてみよう」と思った方は、是非お気軽に下記連絡先までご連絡ください!