読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サシモニ

サシ飲みがあるなら、サシモーニング(略称サシモニ)があっても良いじゃない

インスピレーションで仕事が決まる

今回のサシモニのお相手は地元の友人まっちゃん!現在ヨガのインストラクターとして、都内でも有名なTOKYO YOGA等のスタジオで活動している高校の同級生。学生時代は誰一人として彼が将来ヨガの先生になるなんて思えませんでした。一体どうしてヨガのインストラクターの道に進んだのか。興味津々で話を聞いてみました。ヨガについて興味のある方や、ヨガのインストラクターになる方法に興味のある方等々。ぜひご一読ください!

 f:id:sashimoni:20140225073626j:plain

インストラクターの仕事

ヨガインストラクターの友人は彼以外にいないのですが、ヨガのインストラクターってどこで仕事をしているのでしょうか。「TOKYO YOGAみたいなヨガ専門のスタジオ以外にも、GOLD GYMやセントラル等のスポーツジムでもクラスを持ってるよ。」GOLD GYMってムキムキの漢の世界だと思っていましたが、ヨガのレッスンもあるんですね。ヨガを教えていて印象的な出来事って何かあるのでしょうか。「一度自分が受け持つTOKYO YOGAのクラスがなくなると決まったときに、生徒さんが怒りだしたんだ。生徒さん達がTOKYO YOGAに対して「アキのクラスがなぜなくなるんだ。アキのクラスがなくなるなら、私たちもやめる」って言ってくれてね。それで結局クラスも継続することになって、ホント嬉しかったね。」それは先生冥利に尽きる話ですね。生徒さんから好かれていることが伝わるストーリーです。「スポーツクラブの生徒から飲みに誘われたり、「いつも楽しいクラスをありがとう」ってメッセージカードをもらったこともあるよ。相手が喜んでくれるのが嬉しいし、自分自身の自信にもなる。もっと良いものを提供しようと思うし、ヨガをやっていて良かったなって。ホント生きていて良かったと思うよ。」なんか充実している発言ですな。素敵ですぞ!

 f:id:sashimoni:20140225085401j:plain

ヨガの先生への道

まっちゃん。昔から知っていますが、ヨガへの興味なんて全く感じたことがなかったです。昔からヨガをやっていたのでしょうか。「随分前にインドへ旅行で行った際に、ヨガの練習自体は数回したことあるかな。その時は女の子のお尻見てただけだけどね。」うんうん。男ならその気持ち分かるぞ!!って、僕まで彼と同列の人間として見られる必要は全くないのですが、そんな彼がどうして先生になることになったのでしょうか。「震災の直後に、ふと自分の将来を考えたんだよね。その時は長野の農家でバイトしていたんだけどさ。将来を考えたときに、なぜかパッと脳裏にヨガの先生が浮かんできた。今までヨガを本格的にやったこともないけれど、その時にヨガの先生になろうと思ったんだよね。」完全に思い付きってことですね。インスピレーションで将来を決めることって、意外と聞いたりすることもありますが、実践するって凄いですよね。

 f:id:sashimoni:20140225075412j:plain

インドでの修行

さて、ヨガの先生になろうと決心した後はどうしたのでしょうか。「ヨガといえばインドだと思って、すぐにインドに行ったよ。ヨガのスタジオで先ずは基本を学んで、それから別のスタジオに移ってヨガの先生になるコースを受けた。ヨガ漬けの日々を過ごしたね。」インドにはちゃんと先生になるコースがあるんですね。そんなコースの存在自体知らなかったです。帰国後はどうのような経緯で先生となったのでしょうか。「帰国してからも日本でヨガを学びにスタジオに通っていたら、先生から代行で先生役をお願いされてね。それから「定期的にやらないかと」声をかけられて、クラスを持つようになったんだ。」なるほど。なんか理想的な流れですね。実践した結果が認められるって良い流れです。しかし、普通はどのように先生になるのでしょうか。「ヨガの先生のオーディションがあるよ。実際に生徒を前にしてデモンストレーションのようなものを行う。そこで判断されることが多いかな。」先生になる道はどの道も険しいものなんですね。ヨガの先生事情が段々と分かってきましたよ。

先生力の違い

ヨガのインストラクターって、日本だけを見ても結構な数の人がいそうですが、ヨガの先生の力が判断されるポイントって何なのでしょうか。「良い先生、悪い先生の違いはクラスの場を作る力が大事。その人自身のスキルセットは当たり前だけど、生徒側の人も勉強になって楽しめると感じられる先生だと良いよね。もちろん、自分に合うか合わないかという感覚的なものもあるけどね。」なるほど。クラスの場を作る力って大事そうです。先生業って別にヨガの先生だけではなく、楽しんで学びを得れる場を作ることが出来るスキルは求められますよね。実態としてヨガの先生の環境はどうなのでしょうか。「ヨガの先生だけで食べていくのは、日本の中だと結構難しいんだ。やりたい人や、やっている人が意外と多い世界だからね。どうしたらヨガだけでご飯を食べていけるかは、自分自身も考えているところ。色々と仕掛けようと考えているけどね。」確かにヨガって人気ありますし、安定した職とするにはなかなか大変そうな世界なのかもしれません。好きなことを仕事にする難しさはどこの世界でもありますね。

 f:id:sashimoni:20140225075420j:plain

ヨガの楽しみ

昨年彼と友人の住職とのコラボで「ヨガ×坐禅」のイベントを開催したことがあります。その時に生まれて初めてヨガをやったのですが、結構楽しかったんですよね。彼にとってのヨガの楽しみって一体どのようなものなのでしょうか。「自分自身の練習が先ず楽しいね。練習でも毎回達成感がある。好きなポーズの完成度が高まることへの喜びとかさ。アスリート的な喜びかもしれないね。」練習から楽しいって、仕事としてやる上でも、とっても素敵なことですね。反対に大変なことって何があるのでしょうか。「自分の練習もしながら教えているから、タイトなスケジュールがキツイと感じるときもあるよ。実際にはヨガをやっても、疲れが取れないときもあるしさ。」そうなんだぁ。身体って何でも言うこと聞いてくれるわけではないんですね。「ヨガでも体調が良くならないときは、食事を変えることで疲れにくい身体にしているよ。今後は食生活とヨガを合わせたプロデュースをしたいね。」食事ですか。身体を整えるという意味合いでは同列の話なんですね。「インドの人はベジタリアンが多いから、自分も同じようにしていたら、肉がなくて良いものだと気づくようになった。今では小麦もあまり食べないし、砂糖が入っているものも身体が影響を受けて、重くなったりむくむようになるから気をつけているよ。」ヨガで身体の調子を整えることで、身体の内部にまで気をつけるようになったんですね。自分の知らない世界に飛び込むことで見えてくるものが色々とあるんですね。これから、まっちゃんのヨガがどんな進化をしていくのか非常に楽しみです!

f:id:sashimoni:20140225085402j:plain
僕はこう思った

いつの間にかヨガのインストラクターになっていた友人のまっちゃん。彼がヨガの先生になったキッカケはインスピレーション。ハッキリ言って思い付きですよね。そして、思い付いてからすぐに行動に移す際に、日本で学ぶのではなくヨガの本場であるインドに学びに行った。これがとってもユニークです。思い付いたらすぐに行動に移す人はいると思いますが、その時に海外に出向くくらいの行動力がある人って、そんなに多くないのではないでしょうか。「とりあえず出来るところからやってみよう」って考えるのが普通ですもんね。でも、きっとインドに行ったことで彼の道は拓けていったのかもしれません。「学ぶときに誰から学ぶのか。」とっても大事な観点だし、学んだ人の違いで捉え方や楽しみ方も変わります。そしてインドという本場の環境で学んだことが良い刺激となったのかもしれません。あらためて、自分自身が学びを得る環境の重要性を考えさせられます。同じことを学ぶにしても、誰から、どのように、どのような場所で学ぶのか。生涯学び続けることを考えると、忘れてはいけないポイントですよね。

今日のサシモニ会場

店名:灯

住所:神奈川県藤沢市藤沢111

URL:灯 - 藤沢/喫茶店 [食べログ]

感想:純喫茶好きとしては、こういったお店の雰囲気は落ち着きます。木・木・木みたいな。いつまでも残ってもらいたい雰囲気のお店ですね。オススメです!

f:id:sashimoni:20140225075417j:plain

サシモニお相手募集

サシモニのお相手を募集しています!!都内及び神奈川県内であれば、大体どこでも出向いています!!
「記事にされるのはちょっと。。。」という方も、ご安心ください。もちろん、ご本人の承諾があった場合のみ記事にしておりますので、普通にサシで朝食をご一緒するだけで問題なしです。

ちなみに、僕が話を聞いてばかりのような印象をお持ちかもしれませんが、喋る方も大好きなので、出来る限り持っているものは、全てお伝えする所存であります。

「菱木とサシモニしてしてみよう」と思った方は、是非お気軽に下記連絡先までご連絡ください!

 

Email:hishiki0519アットgmail.com
FB個人ページ:https://www.facebook.com/yutaka.hishiki