読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サシモニ

サシ飲みがあるなら、サシモーニング(略称サシモニ)があっても良いじゃない

華やかな芸能界から、ダンスの世界の裏方へ

サシモニ

今回のサシモニのお相手は振付やキャスティング等の仕事をしている西嶋さん。元々アイドル活動していたり、朝の戦隊モノの番組でピンクレンジャーとして活躍したり。様々なキャリアを経験してきた彼女の今について聞きました。芸能界のこと等普段なかなか聞けない話から、今彼女がやろうとしているダンスを活用した新たな動きまで。普段日常では聞けないような話だからこそ、ぜひ多くの方に読んでいただきたいです!

f:id:sashimoni:20140120082022j:plain

ダンスの仕事って何だろう

現在、独立して自分の会社を創設し、1年半が経過した西嶋さん。振付師やダンス指導の仕事をしながら、会社ではキャスティングや、ダンスのプランニングをしているそうです。はて、ダンスのプランニングとは一体何をするのでしょうか。「ダンスを使った広告をやりたいとか、店内でダンスを使ったイベント等をやりたいお客様に、ダンサーを何人集めるかといった点から全てをプロデュースしています。」おぉ。ダンスを取り入れる際のワンストップサービスということですね。世の中色んな仕事があるものです。

f:id:sashimoni:20140120081546j:plain

どうしてダンスの世界に

さて、彼女は元々芸能活動をしていたのですが、どうしてダンスの世界で仕事をするようになったのでしょうか。「2008年に嵐の振付を手伝わないかと言われて、実際にやってみたら、とっても感動したんです。」「自分の思いついたダンスで観衆が喜んでいるのがたまらなかったですね。」なるほど。確かに自分が関わったモノで多くの人が喜んでくれることは、たまらなく嬉しいですよね。「人のために力を出せる人と、自分のために力を出せる人がいると思うんです。私は「人のために」の方が自分に合ってるから裏方に回りました。」あぁ、この感覚分かります。表に立つのが得意な人と、裏で力を発揮出来る人っていますよね。でも、芸能界から裏側へって、もの凄い変わりっぷりですよね。

f:id:sashimoni:20140120082147j:plain

ダンスのルーツ

「4歳からダンスを始めたんです。キッカケは保育園で親を待っているときに、保育園でバレエ教室をやっていたんです。」「それを見て始めました。バレエの劣等生だったけど、1度続けたことは、自分の勝手な都合でやめるなと親から言われて11年バレエを続けたんですよね。」なるほど。いくら劣等生だろうと、継続して努力することで将来仕事にもなったんですね。ホント継続することって大事ですよね。「他のダンスをやりたいと思ってダンス部のある学校に行って、独学で学びに行ったりして、プライベートはダンスばかりの学生生活を送っていました。」面白いなぁ。半ば強制的に続けたことでも、上手になることで自分からさらに関心を持つ。そういうことって結構他にもあり得る話ですよね。

f:id:sashimoni:20140120083535j:plain

なぜ芸能界に

ダンス一筋のような気がする西嶋さんですが、どうして芸能界に入ったのでしょうか。「小学生3年生のときに見た、宝塚の舞台の世界に憧れたんです。15歳のときに原宿でスカウトされて、私も舞台に出れるんではと思ったんですよ。」舞台に憧れる気持ちがスタートなんですね。「名前を上げれば何でも出来ると思ってグラビアとかもやったんです。そういうもんなんだと思ってましたからね。」「爆竜戦隊アバレンジャーは、ちょうど芸能界を辞めてダンサーになろうと思っていた時期で、後先考えずにオーディション受けたら受かっちゃいました(笑)」面白いっすね。どうしても受かろうとかの気分じゃなく、ある意味どうでも良い気分でやるからこそ、自然体な演技が出来たのでしょうか。固執しないこと。自然体でいること。普段から出来たら、どれだけの力になるか分かりませんね。

f:id:sashimoni:20140120095210j:plain

ダンスを社会に

「会社としてやっていきたいことは、ダンスを使った社会貢献です。ダンスって流行っているようで流行ってないし、なかなかお金にもなりにくいんですけどね。」小学生の体育の授業にダンスが取り入れられたように、ダンスの力って凄くあるそうです。確かに、ダンスは音楽等と同様に遥か昔からあるヒトの文化ですから、悪いわけがないですよね。「身体的にも、精神的にも効果があり、うつ病の解消にもなるって研究の成果が出ています。病弱だった子や、引きこもりの子がダンスを始めて解消する事例もあるんですよ。」おー!ダンスすごい!!確かに身体を動かすだけでも楽しくなりますもんね。「少ないダンス人口を取り合うよりも、ダンスをやってない人や、興味を持ってくれそうな人を繋げられたら良いですね。新人研修やチームビルディングで、ダンスの機会を提供したら効果を出せるのではないかと考えています。」なるほど。これからは会社の研修でダンス研修がある時代になるわけですね!!若手とおっさんが一緒に踊っていたら面白そうです(笑)

f:id:sashimoni:20140120082025j:plain

僕はこう思った!

今回からせっかくなので、まとめ的な感想も残していこうと思います。西嶋さんの話を聞いて印象的だったのが「小学生からジャニーズの振付が好きで、ジャニーズに入りたかったんです。嵐さんの振付を担当させてもらったのは、ある意味夢が叶った瞬間でした。」この話、面白いですよね。単純に願えば夢は叶うなんて話ではなく、様々なアプローチから彼女は自分が表に立つよりも、裏側で支えるのが自分の得意なことだと気付いたり、それが回り回ってやりたかったことを実現させているんです。ジョブズのコネクティングドットの話は有名ですが、あの話って結構周りにたくさんあると思います。だからこそ、今、目の前にあることに対して真剣に取り組むことが、将来の自分を必ずや助けるのではないでしょうか。西嶋さんのこれからの活躍が楽しみです!

西嶋さん情報

会社URL:Dancer Agency QUIREGN Inc.

西嶋さんの会社のHPです。色んな仕事にダンサーを派遣したりしているのが分かります。ダンスに関してお困り事があったら、連絡してみれば良いんじゃないでしょうか!

今日のサシモニ会場

店名:伴茶夢

住所:東京都豊島区目白3-14-3 B1F

URL:http://tabelog.com/tokyo/A1305/A130502/13080907/

感想:今回は何と西嶋さん自らお店をセレクトしてくれました!「純喫茶が落ち着くから好きです!」という僕の意向も汲んでくれて素敵なお店をチョイスしていただきました。オススメです!

f:id:sashimoni:20140120081506j:plain

サシモニお相手募集

サシモニのお相手を募集しています!!都内及び神奈川県内であれば、大体どこでも出向いています!!
「記事にされるのはちょっと。。。」という方も、ご安心ください。もちろん、ご本人の承諾があった場合のみ記事にしておりますので、普通にサシで朝食をご一緒するだけで問題なしです。

ちなみに、僕が話を聞いてばかりのような印象をお持ちかもしれませんが、喋る方も大好きなので、出来る限り持っているものは、全てお伝えする所存であります。

「サシモニして朝を充実させよう」と思われる方は、お気軽に下記連絡先までご連絡ください!

Email:hishiki0519アットgmail.com
FB個人ページ:https://www.facebook.com/yutaka.hishiki